圧着ハガキだからセキュリティもしっかり【業者に簡単依頼】

パソコン操作

自由デザインのエコバッグ

バッグ

縫製の際に不織布を活用して作成される不織布バッグは、近年では別名でエコバッグやマイバッグなどとも呼ばれるようになって、普段の生活での多くのシーンにおいて見られるようになりました。軽く持ち運びがしやすい形状の製品でもあるため、工夫次第で便利に活用する事ができるバッグとして注目されています。

Read More...

広告宣伝を効率的に出来る

ハガキ

格安のDM発送代行も最近は多いですが、発送費だけにとらわれずに単価や総費用でも価格を検討することが、コスパの良い業者を見つける上で重要です。DM発送代行はその特徴として、手間の掛かるDMの作成と発送を一括で請け負ってくれます。

Read More...

インターネットを活用

横断幕

横断幕を購入するのであれば、インターネットサービスを利用することをおすすめします。手頃な価格で、希望に合った製品を購入することが出来ます。依頼する際には、いくつかの業者に見積りを依頼し、費用を比較するようにすると良いでしょう。

Read More...

圧着式のハガキ

ハガキ

知っておきたい情報

はがきは手紙形態の通信用紙で表面の左上に郵便料金の証票が印刷されているものは官製はがきと呼ばれます。私製はがきと呼ばれるものにはこの証票が印刷されていなくて、必要な代金分の切手を貼って出すようになっています。官製はがきの場合にはサイズは10センチ×14.8センチの大きさに定められていて封筒に入れずにそのまま送付が出来ます。圧着ハガキとは、2つに折られたはがきで内側に文字が印刷されて表面を特殊な糊が塗布され、圧力がかけられたものです。これは特別道具を使うこともなく容易に開けて中を見ることができるようになっています。圧着ハガキは届くまで高い機密性が守られそれに適した印刷特性が求められます。一般にはオフセット印刷が行われるものでその他ホーム印刷に対応している場合もあります。コート紙や上質紙が使われ主にDMや通知書に利用されます。

注意すべき点

圧着ハガキで注意すべき点は、まずDMとして使用する場合にはデリケートな印刷物であり、温度や湿度、紙質、状態、塗り、時間の経過などによっては圧着部分が開けられないとか紙が破れるなどの結果を招くことがあります。水に濡れた場合にはよく乾かしてから開く必要があります。又、圧着ハガキは長期の保管には向かないことに注意が必要です。広告郵便などの割引を受けたい場合には事前に郵便局において審査を受ける必要があります。そのための相談を受けることが必要となります。印刷会社においてはテンプレートを利用するという方法を取るのが無難となります。はがきとしての重量制限には6グラム以下という規定があります。郵便局においてはデジタル計量器によって計量されます。よって用紙もこれに従って選択することになります。